当サイトは様々な環境から閲覧できるよう、CSS(カスケーティングスタイルシート)に対応したブラウザで最適に見えるように構築されております。
快適な閲覧のために最新のブラウザ(InternetExploler / Firefox / Google Chromeなど)へのアップデートをお勧めします。

レンタルサーバー Xbit(エクスビット)

RAIDとは

RAID(レイド)は、複数のハードディスクを使ってデータ消失を避けたり、書き込みを速くする仕組みです。

データ消失を避けるため常に自動バックアップ

レンタルサーバーやデータセンターは、お客様から大事なデータをお預かりするので、絶対にデータを消失させることができません。また、1台のハードディスクにトラブルが発生してもサーバーを止めず、動かしたまま復旧させる必要があります。そのため、RAIDを使って常にデータのバックアップを行っています。

機能に応じて数種類のRAIDがある

RAIDには、データを分割して2台のハードディスクに同時に書き込むRAID 0、2台のハードディスクに同じデータを書き込みRAID 1、3台以上のハードディスクを組み合わせて保存データの情報を記録するRAID 5などがあります。RAID 0は、書き込み速度が高速化するだけでデータバックアップにはなりません。

データ保護には、RAID 1かRAID 5を使う

RAID 1は、常に同じデータが保存されるので、一方が故障してもデータを失わないしサーバーの運用も継続できます。これを、ミラーリングと呼ぶこともあります。ただし、使えるディスク容量は実際の容量の半分になります。RAID 5は、各ハードディスクにパリティと呼ばれる誤り訂正符合を分散させて、1台のハードディスクが故障してもデータを復元できるようにしています。RAID 1よりRAID 5の方が、ディスク容量を効率的に使えます。