当サイトは様々な環境から閲覧できるよう、CSS(カスケーティングスタイルシート)に対応したブラウザで最適に見えるように構築されております。
快適な閲覧のために最新のブラウザ(InternetExploler / Firefox / Google Chromeなど)へのアップデートをお勧めします。

レンタルサーバー Xbit(エクスビット)

ドメインとは

ドメイン(domain)は本来「領域」といった意味で、インターネットではサーバーの住所にあたる文字列を一般にドメインといいます。たとえば、自社サイトのURLがhttps://www.xbit.jp/なら「xbit.jp」の部分がドメインになります。電子メールアドレスがinfo@xbit.jpの場合は、@以降の「xbit.jp」がドメインです。

マルチドメインはこちら

ドメインは世界にひとつ

インターネットは世界共通のネットワークなので、ドメインも世界で唯一のものでないといけません。そのため、ドメインを管理している団体があります。そして通常は、ITサービス会社を通じて新規ドメインを申し込み、取得することができます。ただし、基本的に早い者勝ちなので、すでに他の人が登録しているドメインは取得できません。

通常のドメインには、登録国や社名などが含まれている

さらに厳密にいうと、一般にドメインと呼ばれている一連の文字列の、ドット(.)で区切られたひとつひとつの単語や略語が本来のドメインです。以前は、http://www.xbit.co.jp/といったドメインが一般的でしたが、この場合だと、右側ほど大きな分類(ドメイン)を表していて、日本(jp)の一般企業(co)であるXbitが所有するwwwという名前のサーバー(コンピュータ)という意味になります。

企業内ネットワークのドメインは意味が違う

企業内の情報ネットワーク(LAN)は、フロアや部署ごとに分割して管理するのが一般的です。そして、この場合も、それぞれの領域をドメインと呼びます。インターネットのドメインとは、用語の使い方が少し異なるので注意が必要です。