当サイトは様々な環境から閲覧できるよう、CSS(カスケーティングスタイルシート)に対応したブラウザで最適に見えるように構築されております。
快適な閲覧のために最新のブラウザ(InternetExploler / Firefox / Google Chromeなど)へのアップデートをお勧めします。

レンタルサーバー Xbit(エクスビット)

CGIとは

CGIとは、Webサーバが、Webブラウザからの要求に応じて、プログラムを起動するための仕組みです。
従来、Webサーバは蓄積してある文書をただ送出するだけでしたが、CGIを使うことによって、プログラムの処理結果に基づいて動的に文書を生成し、送出することができるようになりました。 「掲示板」などがCGの代表的な利用例です。

ウェブサーバー内のプログラムを呼び出して使う

通常、インターネットを使ってパソコンからウェブサイトを閲覧する場合、まず、閲覧者のパソコンから特定のウェブページを要求するURLがウェブサーバーに送らます。そして、そのURLに応じて、ウェブサーバーから各ページのデータを閲覧者のパソコンに送り出すことで、ページが表示されます。CGIを利用すると、ウェブサーバーにあるデータをそのまま送り出すだけでなく、ウェブサーバー内のプログラムを呼び出し、上記のような掲示板や問い合わせなど、ウェブサーバー内でデータの加工や記録といった処理が必要なページを表示することが可能になります。

CGIのプログラムはPerlやPHPで作られることが多い

このように、必要に応じてウェブサーバー内のプログラムを利用する仕組みがCGIです。正確には、こうしたプログラムを呼び出す手順のことをCGIといいます。CGIプログラムの作成には、Perlというプログラム言語が広く使われていますが、PHPなどを使うこともあります。

CGIを多用するとサーバーの負担が大きくなる

CGIを使うには、サーバーがCGIに対応している必要がありますが、現在、有料のサービスとして提供されているレンタルサーバーでは、対応しているのが一般的です。ただし、プロバイダーなどが提供している個人ホームページの機能では、利用できるCGIが限られている場合があります。また、大規模なサイトでCGIを多用するとサーバーへの負担が大きくなって反応速度が落ちてきます。そういった場合は、DBなどと連携したより本格的なシステムと連携させる必要があります。