当サイトは様々な環境から閲覧できるよう、CSS(カスケーティングスタイルシート)に対応したブラウザで最適に見えるように構築されております。
快適な閲覧のために最新のブラウザ(InternetExploler / Firefox / Google Chromeなど)へのアップデートをお勧めします。

レンタルサーバー Xbit(エクスビット)

バックアップとは

コンピュータの世界では、ハードディスクの故障に備えて重要なデータを二重保存すること、あるいは二重保存したデータ自体を"バックアップ"といいます。

ハードディスクは一定の確率で故障してデータを失う

現在、一般のパソコンでも業務用のサーバーでも、その中にあるデータは大部分がハードディスクに保存されています。しかしハードディスクは精密な装置なので、一定の確率で必ず故障します。そうすると、それまでに作成した文書や画像などのデータ、送受信した電子メールの記録などを読み出すことができなくなります。つまり事実上、データを失うことになります。プリンタやインターネット接続などの設定も無効になります。

別のディスクに二重保存してデータ喪失を防ぐ

こうした事態に備えて、日ごろから大事なデータのバックアップを行うことが必須です。個人のパソコンなら、内蔵ハードディスクだけでなく外付けハードディスクにも文書や画像を保存したり、定期的に書き込み型DVDに書き出したりする方法があります。一方、サーバーなどの共有コンピュータは24時間休みなく稼動しているため、別のハードディスクやサーバーに自動的にバックアップするのが一般的です。特にデータセンターのような施設では、お客さまから預かっている重要なデータを失わないように、定期的にバックアップするのはもちろん、大災害やテロがあっても大丈夫なように遠隔地のデータセンターにバックアップするケースもあります。

RAIDという技術を使うと常に自動バックアップが可能

なお、手作業でバックアップしたり、1日1回など定期的にバックアップする方式だと、保存してから次にバックアップするまでの間に事故が発生した場合、その間のデータを失うリスクが残ります。そのため、普通に保存の操作をするだけで自動的に2台のハードディスクに保存するRAID(レイド)という技術があります。