当サイトは様々な環境から閲覧できるよう、CSS(カスケーティングスタイルシート)に対応したブラウザで最適に見えるように構築されております。
快適な閲覧のために最新のブラウザ(InternetExploler / Firefox / Google Chromeなど)へのアップデートをお勧めします。

レンタルサーバー Xbit(エクスビット)

mod_ktaiを使用する(CS064サーバ以降)

CS064サーバー以降のお客様はmod_ktai というapacheのモジュールが導入されているため、携帯サイトの開発に便利な以下の3つの機能が標準で利用可能です。

  • ・端末情報の取得
  • ・絵文字自動変換
  • ・画像サイズ変換

通常は各キャリア毎に携帯用のページを作成し、振り分け設定を行う必要がありましたが、mod_ktaiを使用することで自動変換がされますので大幅に手間が軽減されます。

mod_ktai ご利用方法は以下のようになります。

【1】mod_ktaiの設定

mod_ktaiの機能を利用可能にするために、下記設定を行います。

1 テキストエディタ等で「.htaccess」ファイルを作成

2 「.htaccess」ファイル内に下記を記述

# ktai_emoji
AddOutputFilterByType KTAI_EMOJI_OUTPUT_FILTER text/html
KtaiEmojiConvertMode auto
KtaiEmojiConvertNativeEmojiDocomo   1
KtaiEmojiEnableAddGuidOn            1
# ktai_image
AddHandler ktai_image_handler .jpg
AddHandler ktai_image_handler .gif
AddHandler ktai_image_handler .png

3 作成した「.htaccess」ファイルを「httpdocs」ディレクトリ以下に配置

【2】mod_ktaiの各機能の使用について

【1】でmod_ktaiの設定を行った後、下記方法で各種機能がご利用頂けます。

1 端末情報の取得

mod_ktaiの機能を利用して、端末固有の情報(機種情報等)を取得することが可能です。 利用可能な環境変数一覧はこちらをご確認下さい。

2 絵文字自動変換

ソース内に絵文字コードを入力すると、各キャリアに合わせて自動的に変換します。
例として食パンマークの絵文字コードは以下になります。

docomo ((i:f9f2))
au ((e:f383))
Softbank ((s:4f59))

例えば以下では、docomoの絵文字コードのみを使用しておりますがmod_ktaiにより、docomo端末で絵文字表示がされることはもちろん、他の2キャリアからも同じ絵文字が表示されます。

<html>
<table>
<tr>
<td>docomoの食パンの絵文字コード</td>
<td>((i:f9f2))</td>
</tr>
</table>
</html>

サンプルURL:http://xb-test824.awk.jp/ktai.html

→携帯電話で上記サンプルURL(もしくはQRコード)へアクセスすると
キャリアごとに正しく絵文字が表示されていることが確認できます。

※そのほかの絵文字変換については、下記変換表をご参照下さい。
絵文字変換表

3 画像サイズ変換

携帯端末の画面サイズなどに応じて画像の大きさを変更させることが可能です。
例えば、画像の幅を100ピクセルするには、以下のように画像URLの最後に「?x=100」を指定します。
http://xb-test824.awk.jp/gigaanBanner.gif?x=100
→通常画像へのURLは下記のような形となります。
http://xb-test824.awk.jp/gigaanBanner.gif

※そのほか画像サイズ変換についての詳細はこちらをご参照下さい。

※注意
携帯サイトを作成する際は文字コードは「Shift-JIS」にて作成してください。
UTF-8などで作成されたページは古い携帯電話には対応しておりません。