当サイトは様々な環境から閲覧できるよう、CSS(カスケーティングスタイルシート)に対応したブラウザで最適に見えるように構築されております。
快適な閲覧のために最新のブラウザ(InternetExploler / Firefox / Google Chromeなど)へのアップデートをお勧めします。

レンタルサーバー Xbit(エクスビット)

【メール】に関するよくある質問

OutlookExpressの設定

ここでは OutlookExpressを使ってメールの送受信をする方法を説明していきます。
メールの送受信を行うためには事前にメールアドレスを作成しておく必要があります。 (詳細は「メールアドレスの作成」を参照してください。)

1. Outlook Expressの起動

「スタートメニュー」→「プログラム」から「Outlook Express」を選択します。初めて起動するとダイアログが表示されるので「はい(Y)」をクリックします。メール設定の画面がでたら、次へ進みます。 メール設定の画面が表示されない場合は、左のメニューの「Outlook Express」をクリックしてトップの画面を呼び出し、真ん中の「メールアカウントのセットアップ」をクリックしてください。

OutlookExpressの設定

2.名前の設定

まずは名前を設定します。 ここで設定した名前はメール送信の際に送信者欄(From)に記載されます。 送信時に使用したい名前を入力してください。

OutlookExpressの設定

3.メールアドレスの設定

使用するメールアドレスを入力してください。メールアドレスは事前に作成しておく必要があります。

OutlookExpressの設定

4.メールサーバの設定

受信サーバ(POP)送信サーバ(SMTP)ともに「【Xbit】サービス開始のご案内」メールに記載があるサーバ名を入力してください。

OutlookExpressの設定

5.アカウントとパスワードの設定

アカウント名とパスワードを入力します。アカウント名は@より前の部分となります。
testuser@example.awk.jp このメールアドレスはスパムボットから保護されています。観覧するにはJavaScriptを有効にして下さい 」の場合「testuser」がアカウント名となります。

OutlookExpressの設定

「次へ」をクリックすると設定完了画面が表示されますので、「完了」ボタンをクリックしてください。

6.認証設定を行う。

1~5の作業でメール受信はできるようになっていますが、メール送信を行うためには最後に認証設定をする必要があります。ここでは「Outlook Express」にSMTP認証の設定を行います。

【参考: SMTP 認証】 SMTP認証は、メール送信の際にSMTPサーバとユーザとの間でユーザアカウントとパスワードの認証を行い、認証された場合のみメールの送信を許可します。これによりメール送信の安全性を確保します。

Outlook Express画面内にある、「ツール(T)」タブをクリックし「アカウント(A)」を選択します。

OutlookExpressの設定

「アカウント」画面内に表示されている設定を行いたいメールアドレス ( testuser@example.awk.jpこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。観覧するにはJavaScriptを有効にして下さい )をクリックします。

OutlookExpressの設定

「全般」タブ画面が表示されましたら、画面内にある「サーバ」タブをクリックします。

OutlookExpressの設定

「サーバ」タブ画面内に表示されている「このサーバには認証が必要」ボタンにチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックします。

OutlookExpressの設定

7.ポート番号の変更

送信ポート番号は、「25」もしくは「587」を利用します。

プロバイダによっては、25番ポートへのアクセスが行なえません。
25番ポートで送信ができない場合は、下記の通りポート番号の変更を行ないます。
※25番ポートへのアクセスの可否については、契約プロバイダにご確認ください。

詳細をクリックして、ポート番号を「587」に変更の後最後にOKをクリックします。

OutlookExpressの設定

以上で「Outlook Express」の設定はすべて完了です。

【メール】に関するよくある質問