当サイトは様々な環境から閲覧できるよう、CSS(カスケーティングスタイルシート)に対応したブラウザで最適に見えるように構築されております。
快適な閲覧のために最新のブラウザ(InternetExploler / Firefox / Google Chromeなど)へのアップデートをお勧めします。

レンタルサーバー Xbit(エクスビット)

cronとは

cronとはあらかじめ登録しておいた時間に登録しておいたコマンドを実行するためのプログラムです。

毎月、1回だけ動作させたいコマンドがあるという場合に使用します。
コマンドの内容等に関しましては、サポート対象外となりますので、予めご了承下さい。

cronの使い方

事前にご用意いただいたコマンドをサーバへアップロードします。
マニュアルのファイルマネージャーを使ったアップロードの仕方をご参照下さい。
コマンドの設置場所ですが、特に指定がない場合は「private」フォルダに格納することをお勧めいたします。

また、アップロードした処理には必ず実行権限が付いているか確認をお願いします。
(実行権限が付いていない場合、定期実行されないことがあります。)
マニュアルのファイルマネージャーから実行権限を確認するをご参照下さい。

cron時間設定の方法

1.コントロールパネルよりクローンタブマネージャを選択します。

cronとは 1

2.メールアドレスの登録を行います。

3.「新しいタスクを追加」を選択します。

4.実行時間・実行コマンドを入力します。

下のような画面になりますので、実行時間・実行コマンドを入力します。特に指定しない場合は空欄(スペース)ではなく必ず「*(アスタリスク)」を入力してください。

cronとは

曜日に関しては下記表を参考に値を入力してください

曜日に関しては下記表を参考に値を入力してください
0
1
2
3
4
5
6

5.設定を確定

入力が終わりましたらOKを押して設定を確定させてください。
ここでは、毎月1日の午前5時にprivateフォルダに格納してあるcheck.plを実行するように設定しました。
コマンド欄に「フォルダ名/ファイル名」(例: private/check.pl)を入力することでファイルを実行させることが出来ます
アップロードする場所はどこでも構いませんが、アップロード後必ず実行権限が付いているかを確認してください。

6.保存後の表示の確認

保存された設定は下記のように表示されます。
削除せずに動作だけとめたい場合は赤枠内左に見えている緑のボタンを押すと停止できます。

ご注意

  • あまりに高負荷な設定をされていた場合、他のお客様のご迷惑になりますので弊社判断のもとcronのご使用を停止させていただくことが御座います。
  • 一度cron使用を停止させていただいた場合は再使用が不可能ですので、あまり高負荷な設定をなさらないようご注意下さい。