当サイトは様々な環境から閲覧できるよう、CSS(カスケーティングスタイルシート)に対応したブラウザで最適に見えるように構築されております。
快適な閲覧のために最新のブラウザ(InternetExploler / Firefox / Google Chromeなど)へのアップデートをお勧めします。

レンタルサーバー Xbit(エクスビット)

XOOPSCUBEをインストールする
アプリケーションのインストールの前に必ずご利用のサーバー環境をご確認ください。
  • サーバー環境一覧
  • XOOPSCUBEのインストール作業を行う前に、MySQL上に新規データベースを作成してください。また、インストール中に下記の情報が必要となりますので予めご確認ください。

    • 作成したデータベース名
    • MySQLのユーザー名
    • 上記ユーザーのパスワード

    データベースの作成方法につきましては、下記URLをご参照ください。

    データベースを作成する

    1.XOOPSCUBEのダウンロード1

    XOOPS CUBE(日本)の公式サイトへアクセスし、最新安定バージョン(本マニュアルではXOOPS Cube Legacy 2.1.4 )のリンクをクリックします。

    XOOPS CUBE(日本)の公式サイト

    XOOPSCUBEをダウンロード

    2.XOOPSCUBEのダウンロード2

    ダウンロードの項目にある「sourceforge.netのダウンロードページ」をクリックし、XOOPS CUBE を、パソコンの適当なフォルダに保存(ダウンロード)します。

    XOOPSCUBEをダウンロード

    ファイルを保存

    3.保存したファイルを解凍

    保存したzipファイルを解凍すると以下の3つのフォルダが作られますので、この中の「html」のフォルダを開きます。

    ファイルを解凍

    4.ファイルのアップロード

    「html」フォルダを開き、その中にあるファイルの全てを、FTPソフトを利用し、XOOPS CUBEを設置するサーバー上のフォルダへアップロードします。

    ※ここではhttp://ドメイン名/xoops/に設置するので、「/httpdocs/xoops」フォルダの中にファイルをアップロードします。

    ※ドメインのトップに設置する場合は、「/httpdocs」直下にアップロードします。

    ファイルをアップロード

    5.ブラウザからフォルダにアクセス

    XOOPS CUBEを設置したフォルダにブラウザからアクセスします。

    ※ここでは、「/httpdocs/xoops」に設置したので、http://ドメイン名/xoops/にアクセスします。アクセスすると、自動的に、インストールウィザード画面に切り替わりますので、「次へ」をクリックします。

    ブラウザからアクセス

    6.XOOPSCUBEのインストール1

    XOOPS CUBE及びインストールの概要が表示されますので、「次へ」をクリックします。

    ※GNU / GPLライセンスについては、表示されているリンク先をご参照下さい。

    XOOPSCUBEのインストール

    7.XOOPSCUBEのインストール2

    ファイルのアクセス権のチェック画面で、3つのフォルダと1つのファイルのパーミッションの変更を促すメッセージが表示されますので、FTPから当該フォルダ、ファイルのパーミッションを適切な値に変更し、「再読込」をクリックします。

    XOOPSCUBEのインストール

    FFFTPによるパーミッション変更方法の例
    「cache」「templates_c」「uploads」フォルダは「777」に変更します。 /p>

    XOOPSCUBEのインストール

    「mainfile.php」ファイルは「666」に変更します。

    8.XOOPSCUBEのインストール3

    正しくパーミッションを変更すると、以下のように正しく設定された事を示す緑色のマークと、「アクセス権に問題はありません」というメッセージが表示されますので、「次へ」をクリックし、インストールを続行します。

    XOOPSCUBEのインストール

    9.XOOPSCUBEのインストール4

    データベースの設定画面が表示されますので、事前にコントロールパネル上からお客様自身で作成して頂いたMySQLデータベース名、データベースユーザー名、パスワードを入力し、その他の設定を確認し「次へ」をクリックします。

    ※データベースホスト名は「localhost」に設定します。

    ※データベース名、ユーザー名、パスワードは、下の画像の表記通りではなく、お客様がそれぞれ設定したものに置き換えて下さい。

    ※その他、「テーブル接頭語」や「SALT」、「データベースへの持続的接続」、「XOOPS Cubeへのパス」、「XOOPS CubeへのURL」の入力値は、設定に詳しくない方、よく分からない方は初期入力値のまま変更しないで下さい。

    XOOPSCUBEのインストール

    10.XOOPSCUBEのインストール5

    設定の確認画面が出ますので、問題がなければ「次へ」をクリックします。

    XOOPSCUBEのインストール

    11.XOOPSCUBEのインストール6

    設定の保存画面が表示されます。問題がなければ「次へ」をクリックします。

    XOOPSCUBEのインストール

    12.XOOPSCUBEのインストール7

    パス・URLのチェック画面が表示されます。問題がなければ「次へ」をクリックします。

    XOOPSCUBEのインストール

    13.XOOPSCUBEのインストール6

    データベース設定の確認画面が表示されます。問題がなければ「次へ」をクリックします。

    XOOPSCUBEのインストール

    14.XOOPSCUBEのインストール7

    データベースの設定に誤りが無ければ、以下のように正常なメッセージが表示されますので、「次へ」をクリックします。

    XOOPSCUBEのインストール

    15.XOOPSCUBEのインストール8

    データベース作成画面が表示されます。問題がなければ全て緑色のアイコンが表示されますので、「次へ」をクリックします。

    XOOPSCUBEのインストール

    16.XOOPSCUBEのインストール9

    サイト管理者についての設定画面が表示されますので、任意の管理者ユーザー名と管理者パスワード、管理者のメールアドレスを入力し、「次へ」をクリックします。

    XOOPSCUBEのインストール

    17.XOOPSCUBEのインストール10

    データの生成の処理結果が表示されますので、問題がなければ「次へ」をクリックします。

    XOOPSCUBEのインストール

    18.XOOPSCUBEのインストール11

    「インストール第1ステップ完了」の画面が表示されます。引き続き、「インストール第2ステップ」へ進みますので、「次へ」をクリックします。

    XOOPSCUBEのインストール

    19.XOOPSCUBEのインストール12

    先程設定した管理者ユーザー名と管理者パスワードを入力し、ログインします。

    XOOPSCUBEのインストール

    20.XOOPSCUBEのインストール13

    「以下のモジュールが導入されておりません」という画面が表示されますので、特に理由がない場合は以下のように、チェックボックスを入れた状態で「インストール」をクリックします。

    XOOPSCUBEのインストール

    21.XOOPSCUBEのインストール14

    インストール完了のメッセージが表示されましたら、FTPからXOOPS Cubeのインストールディレクトリにある「install」フォルダを削除して下さい。

    XOOPSCUBEのインストール

    以下のように、FTPソフトから、「install」ディレクトリを削除します。

    XOOPSCUBEのインストール

    22.XOOPSCUBEのインストール15

    XOOPS Cubeのインストールはこれで全て完了です!管理者ユーザー名でログインしますと、「管理者メニュー」が表示されますので、こちらからXOOPS Cubeの設定が全て行えます。

    XOOPSCUBEのインストール