当サイトは様々な環境から閲覧できるよう、CSS(カスケーティングスタイルシート)に対応したブラウザで最適に見えるように構築されております。
快適な閲覧のために最新のブラウザ(InternetExploler / Firefox / Google Chromeなど)へのアップデートをお勧めします。

レンタルサーバー Xbit(エクスビット)

メールフォーム「エクスフォーム」の使用方法

メールフォーム「エクスフォーム」は有料のオプションです。
ご希望の方は管理ツールの契約変更画面よりお申し込みくださいませ。

リンク:オプション料金表

エクスフォームではSSL対応のメールフォームを簡単に作成できます。CGI型のメールフォームと違い、使用するのに難しい知識は必要ありません。
また、収集したデータはCSV形式でダウンロードすることができますので、データの集計も容易です。
主にお問い合わせフォーム、アンケートフォームとして幅広くご利用いただけます。

※エクスフォームはSSL通信を行うため、URLは独自ドメインにはなりません。

以下はエクスフォームのご案内になります。詳細なマニュアルはエクスフォームのサイトをご覧くださいませ。

1.管理画面へログイン

申込後に配信されるメール内の管理画面ログインURLより管理画面にログインします。

管理画面へログイン

2.メール送信の設定

メールフォームに投稿があった際の処理を設定します。

メール送信の設定

管理者宛てメール : 管理者宛てに送信する内容を設定します。
自動返信設定 : 投稿者に送信する内容を設定します。

3.入力項目の設定

メールフォームに表示させる項目を設定します。

入力項目の設定

・説明文 : メールフォームの上部に説明文を表示します。
・表示位置 : メールフォームを表示させる位置を「左・中央・右」から選択できます。
・見出し : メールフォームの表の上部に見出し文を表示します。

<項目タイプの説明>
・文字列 : テキストエリアに文字を入力します。
・ラジオボタン : 複数の選択肢から必ずひとつを選びます。
・チェックボックス : 複数の選択肢から複数を選択します。
・セレクトボックス : 複数の選択肢からプルダウン形式で選択します。
・ファイル添付 : メールフォームにファイルを添付します。(携帯不可)

4.各ページの編集

入力画面、確認画面、完了画面、エラー画面の表示設定を行います。

ヘッダ・フッタ設定では、HTMLが使用できますのですでにお持ちのWebサイトとデザインを統一させることもできます。

※ 画像を使用する場合、画像はなるべくエクスフォームの画像ファイルアップロードよりアップしてくださいませ。
非SSL領域から画像を読み込むとブラウザがセキュリティ警告を出すことがあります。

各ページの編集

5.公開

設定が全て完了したら、「フォームの更新」ボタンを押します。設定内容が反映されてオリジナルのメールフォームの完成です。

【初期状態】
初期状態

【作成例】
作成例

以上がエクスフォームの概要になります。
すでにお持ちのサイトに組み込む際は、リンク形式でご利用くださいませ。